【目指せFIRE】つみたてNISAで年間投資上限額まできっちり投資を行う方法

【目指せFIRE】つみたてNISAで年間投資上限額まできっちり投資を行う方法

【目指せFIRE】つみたてNISAで年間投資上限額まできっちり投資を行う方法

事業の合間に資産運用周りのことを考え続けている、絶賛FIRE目指し中の新米社長です。

今日はつみたてNISAを有効に活用していくための方法をご紹介します。

つみたてNISAとは?と思われた方は、先日NISAに関する記事を公開しているので、そちらを参照してみてください。

【NISAとは?】初めての人にも分かりやすく、NISAとつみたてNISAについて解説

つみたてNISAの年間投資上限額をきっちり使い倒す方法

さて、つみたてNISAは現在の年間投資上限額は400,000円 となっています。

これはつまり年間の投資が、この額(400,000円)まで行えるということです。

そのため、つみたてNISAの制度を最も有効に活用するためには限度額まで投資を行う必要があります。

※勿論、つみたてNSIAはあくまで投資となります。当然元本割れのリスクもあるため、実際の投資額は自身の資産状況と相談しつつ決める必要があります。

では、年間投資上限額ギリギリまで使い倒すには毎月の投資金額はいくらにすればよいでしょうか?

単純金額だと 33,333円 となり、下記の計算の通り、年間投資金額は 399,996円となります。
(ちなみに月の投資上限額は証券口座によって違いがあるため、ご利用の証券口座で確認してみてください。私が利用している楽天証券口座は月の投資上限額は33,333円となっています。)

33,333 × 12(月数) = 399,996(年間投資金額)

ここで、残り4円分が使えていない。と思った方はお金に対する目がシビアですね。
あなたはもしかして FIREの民 でしょうか?

年間投資上限額までつみたてNISAを活用するために、ボーナス設定月というのを決められる

これは証券口座にもよると思いますが、年間投資上限額までつみたてNISAを活用するための方法としてのボーナス設定月というのを活用する方法があります。

なお、私が利用している楽天証券口座では、こちらの機能があります。
ただし、楽天証券口座で積立の設定を行う場合、決済方法を楽天クレジットカード払いにすると、このボーナス設定月は利用できません。その場合は月の上限額を 33,333円 で設定するようにしましょう。

これは年2回までボーナス設定月を決めて、指定月に買付額を増やすことができるという機能です。勿論、この金額も年間の40万円の枠の中には含まれます。

つまりに、例えば月に30,000円ずつつみたてNISA口座で買付を行い、うち月2回分はボーナス指定月として、プラスで 20,000円 買付を行うようにすれば、年間の投資上限額が 400,000円 で買えるというわけです。

年間投資上限額を目指すための買付例

実際に400,000円の年間投資額を目指すための買付の例です。

毎月同じ金額を設定する場合ボーナス設定付きを利用して40万円を目指す場合の例
1月33,33330,000
2月33,33330,000
3月33,33330,000
4月33,33330,000
5月33,33330,000
6月33,33330,000
20,000(ボーナス指定付きによる買付)
7月33,33330,000
8月33,33330,000
9月33,33330,000
10月33,33330,000
11月33,33330,000
12月33,33330,000
20,000(ボーナス指定付きによる買付)
合計399,996400,000

このようにボーナス設定付きを利用することで、つみたてNISAの制度を活用しながら、有効に年間投資上限額まで投資を行うことが可能です。

FIREの民はお金に細かい?

お金

「え、でも、たったの4円の違いでしょ?別に毎月 33,333円 投資するのでも良くない?」

そう思った方もいるかと思いますが、勿論その気持ちは良く分かります。

ただ、私が観測している限り、FIRE達成している人・FIRE達成に近しい人は、極端にお金に対する目がシビアな印象を受けます

本当に意味のある支出なのか?その金額は妥当なものか?などなど細かいぐらいにお金に対して厳しいです。
(見方によってはドケチにも見えるときがあります)

ですが、それぐらい厳しい目でお金について考えられるからこそ、FIREも達成できるのではないかと思います。

というわけで、本日は つみたてNISAで年間投資上限額まできっちり投資を行う方法 についての解説でした。