M2 Pro搭載のMacbook ProやMac miniを経費で購入したい!

M2 Pro搭載のMacbook ProやMac miniを経費で購入したい!

M2 Pro搭載のMacbook ProやMac miniを経費で購入したい!

こんにちは、新米社長です。

Appleの新しい発表がありましたね!気になるのは、M2Pro搭載のMacBook ProやMac miniという方も多いのではないでしょうか?

M1チップ発表時に比べればインパクトは足りないものの(というか、あれがインパクト大きすぎでした)Mac Pro買うほどではないけど、スペック良いマシンが欲しいという方であれば今回の発表はそれなりに購入意欲がそそられるものかと思います。

こちらのサイトは簿記や会社設立をテーマにしたサイトなので、Appleの話題はお門違いと思われるかもしれませんが、みなさんも自身の事業でmacは使いたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

(かくいう私も事業で利用しているメインマシンはM1 MacBook Airだったりします。
M2が出ていますが、未だに全く衰えを感じません。)

そしてできることなら事業で扱うのだし、最新のM2 Proチップ搭載のマックを一括経費で購入したいと考えておられるのではないでしょうか?

というわけで、今日は最新のM2 Proチップ搭載のMacBook ProやMac miniを一括経費で購入できるか?ということについて書いていきたいと思います。

M2 Pro搭載のMac miniは一括経費で購入できるか?

Mac mini – 仕様(Apple)

まずはMac miniから見ていきましょう。

Appleのサイトを参照するとM2 Pro搭載のMac miniは 184,800円 というお値段になっています。

基本的に購入した価格が10万円未満の場合は全額経費にすることも可能です。この場合は消耗品費勘定で計上されることになります。

ではMac miniの場合は10万円を超えるから経費にはできず、減価償却が必要になるのか…

と一見すると思いますが、実はそうでもありません。

30万円未満であれば一括経費にすることは可能?

お金

ここからは一気にお金の話になります。

実は 少額減価償却資産の特例 というのを用いて30万円未満であれば、一括経費にすることも可能です。

ただし、これは全ての方が利用できるわけではなく、この特例を利用するには条件があります。

少額減価償却資産の特例を受けるための条件

  • 青色申告をしている個人事業主(フリーランス)
  • または、資本金の額または出資金の額が1億円以下の法人で、常時使用する従業員の数が1,000人以下の法人(ここについては条件が細かいため、正確な情報は税庁のこちらのページを見てください)
  • 1個(または1組)当たり30万円未満のものについては、購入・使用開始した年度に一括して経費計上することが可能だが、年間で合計300万円までという限度あり
  • 上に関連して、事業年度が1年に満たない場合には300万円を12で除し、これにその事業年度の月数を掛けた金額となる

対象となるもの

取得価額が30万円未満である減価償却資産について適用があるため、

  • 器具および備品、機械・装置等の有形減価償却資産
  • ソフトウェア、特許権、商標権等の無形減価償却資産
  • 所有権移転外リース取引に係る賃借人が取得したとされる資産
  • 中古資産

などが対象となります。

税込?税抜、どちらで計算すべき?

これについては採用している消費税の経理処理方法によります。

そのため「免税事業者」の個人事業主の方は必ず「税込」で判定しなければなりませんし、「課税事業者」の皆さんは、採用している経理方法によって異なるため

  • 税込処理を採用しているのであれば「税込」
  • 税抜経理を採用しているのであれば「税抜」

という形で判定することになります

結論:M2 Pro搭載のMac miniは一括経費で購入できる

以上のことから、条件を満たしている方に限りますが、Apple M2 Proチップ搭載のMac miniでも一括経費で購入できることは可能ですか?

メモリやストレージをマシマシで購入する方は要注意!

ちなみに少額減価償却資産の特例について、例えば今回のようにパソコンを購入する場合、パソコン一式のお値段が対象となります。

そのため、Mac mini自体の値段では30万円超えないけど、メモリやストレージを増設して購入したら30万円超えてしまった!みたいなケースは少額減価償却資産の特例の条件からは外れますので要注意です。

M2 Pro搭載のMacBook Proは一括経費で購入できるか?ギリギリできる!

MacBook Pro – 仕様(Apple)

さて次にM2 Pro搭載のMacBook Proについてですが、ここまでくればもう購入できるかどうかは判断できると思います。

Apple M2 Proチップ搭載のMacBook Pro(ただし一番小さいスペック)の場合、288,800円(税込) となりますので、これであれば条件を満たしている方であればギリギリ購入可能です。

少額減価償却資産の特例はとてもありがたい制度

お金

最近は物価高の影響もあり、事業で必要な機器についても導入する際のコストが日々跳ね上がってきています。

10万円を超えてしまうということもざらにあるなか、少額減価償却資産の特例のような制度があるのはとても心強いですね。

というわけで、今日も一日頑張っていきましょう!