【インターネットに疎くても分かる】経営者向けにウェブサイトで集客する方法を簡単解説

【インターネットに疎くても分かる】経営者向けにウェブサイトで集客する方法を簡単解説

【インターネットに疎くても分かる】経営者向けにウェブサイトで集客する方法を簡単解説

こんばんは、日々FIRE目指して駆け回っている新米社長です。

今日、お仕事でご一緒した、とある不動産会社の社長さんと話していたときに、ウェブサイトで集客するためのステップがよくわからないとおっしゃっていました。

「調べてもSEOとか、よくわからない単語ばかりだし、私のようなパソコンに疎い人には難しすぎる」

たしかにウェブサイトで集客をするとなると、SEO対策などは必須の作業ですし、どうしてもそういう単語は出てきますね。

今回は、ウェブサイト集客に必要なポイントを、PCやインターネットが疎い人にも分かりやすいように解説してみようと思います。

【ウェブサイト集客における最初の一歩】ユーザが困っていることを解消させるページをつくる

分析と設計

まずウェブサイト集客の基本ですが、これはそのサービスを求めている人がインターネット上で検索をかけるところから始まります。

例えば 〇〇町 に住もうとしている人が、その町にある賃貸物件を探すためにインターネットで検索をかけるわけです。

〇〇町 賃貸
〇〇町 賃貸物件
〇〇町 賃貸 相場
〇〇町 賃貸 2DK
〇〇町 賃貸 ペット可

例えばこのような検索をかけることが想定されます。

〇〇町 賃貸 ペット可 で検索したページの上位に、もしあなたのサイトが出てきた場合、検索をしたユーザはあなたのサイトを訪問するでしょう。

そしてそこで好みのペット可物件を見つければ、問い合わせフォームや直接電話で問い合わせをしてくるわけです。

ここまでの流れをしっかりと頭に刻んでください。

ウェブサイトを活用した集客が生きるポイントは、全く接点のないユーザがインターネットであなたの提供するサービスとマッチングして、あなたにアポイントメントを取ってくる流れを自分から作れることです。

インターネットが当たり前になった現代においても、このような集客フローが確立したことはすごいことだと思います。

つまり、あなたが顧客として呼び込みたい人物が検索しそうなワードで、検索結果の上位に表示されるようにすること。

これがウェブサイト集客における最初の一歩となります。

ユーザとの接点を作るためのキーワード選定

議論

ここまでの流れを理解できれば、次に行うことは明確です。

それはあなたのビジネスの顧客となりうる層の人々が、実際に困っている場面でインターネットでどのような検索をかけるのかを想像することです。

さきほどの賃貸検索の流れを思い返してください。

顧客が本当に探したいのは賃貸物件の一覧を見渡せるサイトではなく、自分が済みたいと思える物件をすぐに見つけることです。

そのため、

「あなたの探している情報はここにありますよ」

といち早く、あなたのウェブサイトがユーザの前に現れるようにする必要があります。

このユーザの前にいち早く現れるようにする作業を、業界ではSEOと呼びます。

これは簡単に言えば、あなたのサービスを欲している人であろう顧客の前に、分かりやすく目立つ形であなたが現れるようにするための作業です。

ただ、このSEO対策を行う前に、先ほども言葉にしたキーワード選定作業をする必要があります。

つまり、あなたのウェブサイトに訪れることで問題解決の糸口をつかめるユーザは、どのような言葉で検索をかけるのか?その言葉を一覧化します。

そして、一覧化した言葉に対して、本当に皆がその言葉で検索をかけているのか?を確認するためにキーワードプランナーラッコキーワードのようなツールを用いて、本当にその単語の需要があるのかを確認します。

あなたが想像したキーワードに対して、インターネット上で需要があることが確認できれば、キーワード選定は完了です。

SEO対策をして困ったユーザの前に現れる救世主となる

リスクを抱える

キーワード選定まで完了したら、次にウェブサイト制作です。

ウェブサイトに関しては、現状時間とお金を最低限に抑えて集客性のあるサイトを作るなら、さくらのレンタルサーバやConoHaなどのレンタルサーバを用いて、WordPressを構築するのが一番手っ取り早いです。

関連リンク:

【新規事業立ち上げる方へ】さくらのレンタルサーバの登録方法

【新米社長でも簡単】ConoHaでアカウント登録からWordPress構築までの手順を説明

WordPressでサイトの構築を完了させたら、次に選定したキーワードで検索順位上位に表示されるように、サイト内のコンテンツを追加・拡充していきます。

ここで行うのがSEO対策という言葉で語られるものです。

これは選定したキーワードで検索順位上位に表示させ、困っている人の目につきやすくするための作業だと思っていてください。
(説明のために、多少内容わかりやすくしています)

例えるなら、町中に見かける広告看板を、より目立つ場所、そしてあなたのサービスを利用すべきの人が目に付きそうな場所に掲げるための作業だと思ってください。

このSEO対策がうまくいけば、あなたのウェブサイトにはたくさんの顧客が訪れるようになります。

ただし、このSEO対策というのはなかなか難易度が高く、全国の様々な企業が毎日このSEO対策のために血眼になっています。

ウェブサイト集客などの単語で検索したときにSEOという言葉がよく出てくるのは、それだけこの言葉の保つ意味が大きいためです。

大きな企業になるほど、このSEO対策にはたくさんのお金と人員を投入します。

そのため、このような大企業が狙っているようなキーワードの場合、SEO対策にはそれだけの労力を使います。

ここで先ほどのキーワード選定に少し話を戻します。

あなたがもし不動産会社を経営していたとします。

あなたが狙うべき顧客は大企業が狙っている顧客とは異なる顧客を狙うべきです。

それは先程も申し上げたように大企業のウェブサイト集客力に、あなたのウェブサイトが勝つのは困難だからです。

そこで、あなたの会社の強みが生きてきます。

もしあなたの会社が、とある町に根ざした不動産会社で、その町に関することであれば何でも対応できる、というのであれば、その町に絡めた検索キーワードを選定して、ウェブサイトを運営すべきです。

その町に関する賃貸物件であれば、自分のサイトが常に一番上に出てくる状態であれば、あなたのサイトの信頼度は相当に高いものとなっていることでしょう。

大きく攻めるのも良いですが、あなただけが持つ強みをキーワード選定に落とし込み、しっかりSEO対策を行って検索上位に表示させる。

少ない労力とコストで最大限の威力を発揮できるウェブサイト集客のポイントはここにあります。

これからウェブサイト集客に乗り出したい経営者の方は、まずはあなたの強みを引き出せるキーワードの選定から行ってみてください。