未収入金という勘定科目について

未収入金という勘定科目について

未収入金という勘定科目について

未収入金について

商品以外のものを売却した際、代金の受け取りを後日にした場合には未収入金勘定で処理します。

未収金と書く場合もありますが、どちらも同じものとなります。

また一見すると似ていると感じるかもしれませんが、売掛金未収収益とは異なるので、混同しないように注意してください。

この勘定科目については未収収益についてで詳しく説明していますので、そちらも合わせてご参照ください。

未収入金は資産の勘定科目

未収入金は資産の勘定科目です。

未収入金は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

未収入金勘定を用いた仕訳の例

ここでは未収入金勘定を用いた簡単な例を記載していきます。

  • 土地を¥6,000,000で売却し、代金は後日受け取ることになった。
借方科目金額貸方科目金額
未収入金6,000,000土地6,000,000

この場合、代金は後日受け取るため未収入金 として処理を行います。