受取商品券という勘定科目について

受取商品券という勘定科目について

受取商品券という勘定科目について

受取商品券について

受取商品券としては下記のようなものがあります。

  • 同業の商店グループで通用する他社発行の商品券
  • 自治体などが発行した商品券

これらの商品券は、一定期間経過後に商品連合会などに他社などの発行した商品券を持ち込み代金を決済します。

このような商品券を受け取った場合は、受取商品券勘定で処理します。

また、換金請求をして入金された場合や他社に譲渡した場合には受取商品券勘定を減額します。

受取商品券は資産の勘定科目

受取商品券は資産の勘定科目です。

受取商品券は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

受取商品券勘定を用いた仕訳の例

  • 商品¥100,000を売り上げ、代金として同額の自治体発行商品券を受け取った。
  • 上で受け取った商品券¥100,000を引き渡して換金請求を行い、直ちに同額が普通預金口座へ振り込まれた。
借方科目金額貸方科目金額
受取商品券100,000売上100,000
普通預金100,000受取商品券100,000