商品という勘定科目について

商品という勘定科目について

商品という勘定科目について

商品について

商品売買に関する処理には様々な種類がありますが、3級検定試験では分記法三分法が出題されます。

  • 分記法
    • 分記法は商品の売買に関して商品商品売買益勘定を用いて処理する方法です。
    • 分岐法は商品を仕入れたら商品という資産が増えたものとして処理を行います。
    • このページで扱っている商品勘定がそれにあたります。
    • また、その商品を販売したら販売金額との差額を商品売買益勘定として処理をするようにします。
  • 三分法
    • 三分法は仕入売上繰越商品勘定を用いる方法です。
    • 三分法では商品を仕入れたら仕入勘定を借方に記入し、商品を販売した際には売上勘定の貸方に記入を行い処理を進めていきます。

上でも説明の通り、商品勘定は分記法で用いる勘定科目となります。

この商品売買に関する詳細については下記のページでも解説しているので、併せてご参照ください。

商品売買について

商品は資産の勘定科目

商品は資産の勘定科目です。

商品は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

商品勘定を用いた仕訳の例

  • 商品¥50,000を仕入れ、代金は掛けとした。
借方科目金額貸方科目金額
商品50,000売掛金50,000