土地という勘定科目について

土地という勘定科目について

土地という勘定科目について

土地について

土地は有形固定資産となります。

具体的には、建物(営業用の店舗など)が立っている土地や、駐車場として利用している土地などになります。

土地は資産の勘定科目

土地は資産の勘定科目です。

土地は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

土地勘定を用いた仕訳の例

  • 土地¥10,000,000を購入し、代金は後日払いとした。また、整地費用と手数料¥300,000は現金で支払った。
    • 土地を購入した際に発生した整地費用なども取得原価に含めて処理します。
    • また、会社の主たる商品や材料を掛取引で仕入れた場合にのみ買掛金勘定は使用し、土地は商品などの取引ではないため未払金勘定として処理します。
借方科目金額貸方科目金額
土地
 
10,300,000
 
未払金
現金
10,000,000
300,000