差入保証金という勘定科目について

差入保証金という勘定科目について

差入保証金という勘定科目について

差入保証金について

賃貸契約の際、敷金は差入保証金勘定として処理します。
(敷金はあとから戻ってくるお金です。そのため資産として考えます)

差入保証金は資産の科目

差入保証金は資産の科目です。

差入保証金は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

差入保証金勘定を用いた仕訳の例

  • 事務所の賃貸契約時の処理を例にして、仕訳の例を示します。
    • 賃貸契約を行い、振込依頼書を受けとったので、これに基づいて仕分けを行います。
    • 内容は下記のとおりです。
    • 仲介手数料(支払手数料勘定を使用します)は¥50,000
    • 敷金(差入保証金勘定を使用します)は¥500,000
    • 賃料(支払家賃勘定を使用します)は120,000
借方科目金額貸方科目金額
支払手数料
差入保証金
支払家賃
50,000
500,000
120,000
普通預金
 
 
670,000