売掛金という勘定科目について

売掛金という勘定科目について

売掛金という勘定科目について

売掛金に(うりかけきん)ついて

商品を販売した際に代金を後で受け取る場合(掛取引)、売掛金勘定で処理します。

掛取引とは?

掛取引とは、商品取引の支払い方法の一つで、商品の引渡し時には代金支払いを行わず、決められた期日までに後日支払いを行うことを指して呼びます。

別名、信用取引(しんようとりひき)とも呼ばれます。

商品購入時における掛取引を買掛金、商品販売時における掛取引を売掛金と呼び、売掛金はこの掛取引の際に使われる勘定科目です。

売掛金は資産の科目

売掛金は資産の科目です。

売掛金は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

売掛金勘定を用いた仕訳の例
  • 商品を¥13,0000で販売し、代金は掛けとした。
借方科目金額貸方科目金額
売掛金130,000売上130,000

このように代金を掛けとした場合、借方に売掛金勘定を、貸方に売上勘定を用いて処理をしていきます。