仮受金という勘定科目について

仮受金という勘定科目について

仮受金という勘定科目について

仮受金(かりうけきん)について

現金などを受け取ったが勘定科目が決まっていない場合、または金額が決まっていない場合、またはどちらも決まっていない場合、借受金勘定で処理します。

例えば、連絡の行き違いにより、内容は伝えずに当社の預金口座にお金が振り込まれたようなケースなどが、これに該当します。

仮受金は負債の科目

仮受金は負債の科目です。

仮受金は減少したら借方に、増加したら貸方に記入します。

借受金勘定を用いた仕訳の例

  1. 取引先の会社より、当座預金口座に¥200,000の振り込みがあった。内容は不明。
  2. 取引先の会社から連絡があり、先日の商品の売掛金であることが発覚した。
借方科目金額貸方科目金額
1当座預金200,000仮受金200,000
2仮受金200,000売掛金200,000