古物商許可番号をAmazonのストアページに表示する方法

古物商許可番号をAmazonのストアページに表示する方法

古物商許可番号をAmazonのストアページに表示する方法

こんにちは、日々事業拡大に向けて駆け回っている新米社長です

ニッチな話題ですが、ちょっと分かりにくいと思ったので、こちらに記載していきます。

私と同じようにAmazonで物販事業を行っていきたいと考えている人の役に立てば幸いです。

Amazonで古物商許可証番号営業許可を表示する方法

古物商許可証番号営業許可を表示する方法ですが、私は2通りの方法で設定しています。

まずはAmazonが提示しているやり方です。

特定商取引法(特商法)及びその他の法令に基づく表示(Amazon Seller Central)

上のページに記載されている通りのやり方でまずは古物商許可証番号に関する表示を行います。

具体的には出品者情報画面から、

Amazonで古物商許可証の番号を表示させる方法_01

この許認可情報をクリック。すると、下記のようなページになるので、古物商許可証番号 を選択して 追加 ボタンをクリック。

Amazonで古物商許可証の番号を表示させる方法_02

すると古物商許可証の番号を入力できるので、後は番号を追加して、黄色の送信ボタンを押せば完了です。

Amazonで提示されているやり方では足りない?

ただし私が実際に警察署で説明を受けた際の表記にはこれではなりません。

実際に説明を受けた表記というのは下記のようなものでした。

○○県公安委員会 古物商許可 第123456789012号 会社名

そのため、こちらの文言を表示させるための、さらにストアページ内の表示を編集する必要がありました。

確かに他のAmazonストアを見てみると、店名の少し下に店自らが編集できるエリアがあり、そちらに古物商許可証に関する情報を記載しているようでした。

Amazonのストアページを編集して古物商許可証の番号を表示させる

では、ここからAmazonのストアページを編集する方法について記載していきます。

まずは 設定 から 情報・ポリシー を選択します。

Amazonで古物商許可証の番号を表示させる方法_03

次に下記のような画面になるので、出品者情報 をクリック。

Amazonで古物商許可証の番号を表示させる方法_04

すると出品者情報を入力するための画面になります。

ここでは上限10,000文字まで自由に入力できますので(もちろん、Amazonから伝えられているポリシーは厳守する必要あります)、ここに古物商許可証番号をさきほどのフォーマットで記載することで、ストアページ上に古物商許可証に関する表記を行うことができます。

以上、Amazonストアページに古物商許可証番号を表示させる方法でした。