胡散臭いプログラミングで稼げる系の記事に気をつけろ!

胡散臭いプログラミングで稼げる系の記事に気をつけろ!

胡散臭いプログラミングで稼げる系の記事に気をつけろ!

これは注意喚起も兼ねての記事となります。

というのも、少し前にもこんな記事を書きましたが、依然としてプログラミングで楽して稼ぐ、という感覚を持った人が多いなと思うからです。

関連リンク:お金を稼ぎたいという理由だけでプログラミングを仕事にするのは悪手?

最初に書いておくと、プログラミングで楽しては稼げません。

ちなみにプログラミングのスキルを取得すれば、一度取得した知識やスキルを活かすことで、ある程度楽して稼ぐことはできるようになります。が、それはまた別の話。
(実際私自身も今ではフリーランスのエンジニアとして自宅である程度の裁量を与えられて仕事をしています。おかげで子供が熱を出したときなどはお休みできますし、結構自由にやらせてもらっています。)

最近友人からプログラミングってそんなに稼げるの?と言われて見せられたブログの記事が、ホンマかいな!?連発だったので、今回注意喚起も兼ねてプログラミングで稼げる系の記事に惑わされないようにしようという手法の文章を書いていきます。

その友人はプログラミングで楽して稼げるぐらいなら、職を変えようとも思っていると話していたので、そんな見切り発車する前にまずはドットインストールProgateやりなよ、とURLを教えました。
(そして、数日後にやっぱ合わないわ、と連絡もらいました)

ちなみにこれらのサイトについては下記の記事でも紹介しているので、興味ある方はご覧になってみてください。

ちなみにエンジニアであればどのブログが胡散臭いかというのはすぐに分かるかと思いますが、そうじゃない方はわからないと思うので、こういう記述があったら怪しいというポイントをいくつか書いておこうと思います。

WordPressはプログラミング言語ではない!

悩み

エンジニアの方からしたら「マジ!?」という感想をいただくと思いますが、意外とこれ、プログラミング学んで年収〇〇万円系 の記事でよく見かけます。

WordPressはプログラミング言語ではなく、ウェブサイトなどを作成するためのCMSと呼ばれるツールです。
WordPress自体はプログラミング言語であるPHPという言語で記述されています。

もしかしたら説明を簡略化するためにWordPressをプログラミング言語と一緒にして説明しているのかもしれませんが、そもそもプログラミングを知らない人に誤った知識を広めているという点から、個人的には良くないかなと思っています。

そもそも仕事を依頼しようと思った人がWordPressをプログラミング言語と言っていたら、「この人大丈夫かな?」と私は疑いますし、会社の面談にそんな人が来たら私は知識的な側面から採用は見送らせていただくと思います。

勿論WordPressを使うことでお金を稼ぐことは可能ですし、実際にWordPressを用いたウェブサイト制作で食っている人も知っています。

ただWordPressはプログラミング言語ではありません。

そこに関する不正確な知識を広めている時点で、その情報発信者のことは胡散臭いなと私は思います。

プログラミングを学び初めて数ヶ月で月収〇〇万円は再現率低すぎる

お金

可能かと問われれば可能ではあるかと思います。

が、再現性は著しく低いですし、学び始めて数ヶ月でそんな稼げるなら、この人はプログラミングじゃなくても十分稼げる商才のある人なので、あてにはなりません。

プログラミングを学んだだけでは稼げませんし、ココナラなどのサイトで仕事を受注することもできないと思います。

そもそもプログラミングを学び始めて数ヶ月レベルで、依頼に答えられる知識量を獲得できる人は少ないのではないかと思います。

例えばRubyやPHPだけを学んだ状態でも、サーバやネットワークに関する基礎的な知識やデータベース操作など、実際にコード修正を行う上で知っていなければならない前提知識はたくさんあります。

あと、基本的に仮にそういうサイトで仕事を受注する場合、プログラミングがバリバリデキる人が競合となるため、仕事を受注すること自体が非常に大変かと思います。

よって、私は再現性は低く、プログラミングを学び初めて数ヶ月で月収〇〇万円稼ぐのは基本的に無理かなと思います。

プログラミングを学び始めてから実際に稼ぐためのステップについて

プログラミングを最低限学んだら、まずは会社に入って実際の業務経験を積み、そこでようやくココナラなどのサイトでも仕事を受注できるようになるぐらいかなと思っています。

最初に入る会社がブラックである可能性もありますが、未経験から業務経験を積むためにはそれが一番確実かなとは思います。
(勿論入った会社でプログラミングに関するスキル取得が難しそうであれば早めに転職活動を行い会社を変えたり、社内のプロジェクト変更を希望したりなど、色々と動く必要はあります)

後は最近であればプログラミング系のコミュニティに入り、そこで教えてもらうこともひとつなのかもしれないと考えていますが、私自身はそういうものには入っていないのと、胡散臭いコミュニティーも多そうなので初心者が手を出すのは少し危険かなとも思っています。

どうすればプログラミングで稼げるようになるのか?

お金

ここまでプログラミングで稼ぐことに対して否定的なことばかり書いてきました。

が、実際プログラミングで稼ぐことは可能ですし、私自身学生自体はPCの知識なんて皆無だったのにも関わらず、現在はソフトウェアエンジニアとして報酬を頂いて仕事をしています。

『プログラミングで稼ぐ』ということ自体は現実的かと思います。

では、どうすればよいのか?

上でも少し書きましたが、まずはドットインストールProgateなど無料でプログラミングに触れられるサービスで実際にコードを書いてみることをおすすめします。

コードを書くという作業、プログラムを動かすという作業、何かを作るということに楽しみを見いだせる方であれば、適正はあるかと思います。
(逆にこういうことを楽しめない方は、仕事自体が苦痛になるかと思うのでおすすめしません)

ある程度プログラムを書くというものがどういうものか分かるようになってきたら、次は実際に簡単なプログラムを自身でも書いてみると良いでしょう。

初心者にもおすすめの題材の一つとしてFizz Buzz(wikipedia)というものがあります。

詳細は上に貼ったwikipediaのリンクを見てほしいですが、とても簡単なプログラムです。

もし書き方がわからなければインターネットで解説を見てみるのも良いですし、試しにご自身で色々と試行錯誤しつつコードを書ききってみてください。

こうやって少しずつ自分なりに考えてコードを書き出していくと、少しずつプログラムというものがどういうものかが分かるようになってきます。

たくさんのエラーにも出会うかと思いますが、出会ったエラーの数の分だけ強くなれるのでめげずにプログラムに触れ続けることが、大切です。

最後に自身の体験談となりますが、下記の記事を貼らせていただきます。

【実体験】私が未経験からエンジニアに転職したときのこと

上にも書きましたが、私自身も最初はプログラムのことなど全く分かりませんでした。

ですが、プログラムを書くこと自体は楽しく、割と楽しんで続けているうちに仕事にすることができました。

私と同じように楽しんでコードを書いていたら仕事にできた、という人が増えると幸いです。

エンジニアはいきなり稼げる、というタイプの仕事では個人的にはないと思いますが、日々世界的な需要が高まっている分野ですので、エンジニアという仕事にはそれなりに稼げる要素もあると思います。

稼ぐという目的からエンジニアになるというのももちろん理由としてはアリだと思います。

ぜひそういう方もこちらのページに貼ったサイトなどから、まずはコードに触れてみることをおすすめします。