個人事業主(フリーランス)にも税務調査は来るのか?

個人事業主(フリーランス)にも税務調査は来るのか?

こんにちは日々FIREを目指して奮闘中の新米社長です。

今日は事業を行っていく上で避けては通れない経費のお話です。

個人事業主(フリーランス)にも税務調査は来る?

書類

所得税や法人税など、正しく税金を収めているかを税務署の方々が調査されることを税務調査といいます。

経営者であれば誰しもこの言葉を聞くと、心が重くなるのではないでしょうか?

私はまだ会社を起こしたばかりなので税務調査未経験者ですが、社長をやっている友人には何度かすでに入っていますし、私も数年後には税務調査が来ると言われています。

そんな税務調査ですが、個人事業主(フリーランス)の場合も同様に税務調査は入るのでしょうか?

フリーランスにも税務調査は来る

悩み

結論から書くと税務調査は個人事業主(フリーランス)にも入ります。

税務調査が入る前の段取りですが、

  • 事前に税務署から調査に来る旨の連絡が入る
  • もし都合が悪ければ日時の変更も可能
  • 当日は事務所などに税務署職員が立ち入りチェックされる

と言った流れのようです。

例えば所得税の医療費控除だけでも申告する人が多いので、その中から毎年ランダムに何件か抽出されてコンスタントに調査を入れていく、というような形で行われる、割とありふれた調査ではあるようです。

ただしそんな調査ですが、勿論調査を拒んだり、質問に答えないということは許されません。

税務署の調査官には「質問検査権」というものがあり、黙秘したり嘘の申告をすると罰則に問われる可能性もあります。

そのため実際に任意調査の対象になったら丁寧に対応して正直に正確な情報を開示することです。

申告周りでなにかミスや勘違いがありましたら素直にそのペナルティは受けましょう。

誰にでもミスはあるものですのでそこまで気にすることはありません。しっかりと次に活かせればよいのです。

保存しておいた資料が役に立つことも

税務調査で役に立つのが保存しておいた各種の資料です。

領収書の保存は当然ですが、自分の足取りを残してあるスケジュール帳や日記・日誌などが売上や経費の証明になることもあります。

そのため日頃から事業の記録などは残すように習慣化しておくと良いでしょう・