当座預金という勘定科目について

当座預金という勘定科目について

当座預金という勘定科目について

当座預金について

当座預金という勘定科目は、日商簿記3級の出題範囲の勘定科目です。

当座預金は、小切手を振り出した際に用いる勘定科目です。

問題によっては当座預金〇〇銀行(当座預金〇〇信用金庫)という回答になる場合もあります。

当座預金は資産の科目

当座預金は資産の科目です。

当座預金は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

当座預金で処理されるもの

当座預金の預入

当座預金口座に預入を行った場合、借方側に当座預金勘定を記入して処理します。

当座預金の引出

現金を引き出した場合、貸片側に当座預金勘定を記入して処理します。

小切手の振出

小切手を振り出した場合、貸片側に当座預金勘定を記入して処理します。

当座預金勘定を用いた仕訳の例

  1. 現金¥1,000,000を預入、当座預金口座を解説した。
  2. 商品を200,000分仕入れて、代金は小切手を振り出して払った。
借方科目金額貸方科目金額
1当座預金1,000,000現金1,000,000
2仕入200,000当座預金200,000

当座借越勘定で関連する補助簿

当座預金出納帳

当座預金を用いた取引の内容を詳細に記録しておくための帳簿として当座預金出納帳を用います。