支払地代という勘定科目について

支払地代という勘定科目について

支払地代という勘定科目について

支払地代という勘定科目

支払地代という勘定は、文字通り地代についての費用がかかった場合に利用される勘定科目です。

支払地代という科目は費用の勘定科目であり、増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

同じような勘定科目として家賃を支払った際に利用される、支払家賃という勘定科目があるので、併せて覚えておくと良いでしょう。

次期支払い分の地代が含まれている場合は前払費用勘定を使用する

なお、今期に支払った支払地代の中に次期分の地代が含まれている場合にあ、決算整理仕訳の中で前払費用として次期へ繰延べることに注意してください。

支払地代を使用した仕訳の例

  • 地代の支払いとして現金100,000を支払った
借方科目金額貸方科目金額
支払地代100,000現金100,000

仕訳を行う上での考え方はとてもシンプルです。

現金で支払った場合、

それぞれ用いて処理を行います。

この考えかたは支払家賃勘定などにおいても同様です。