未収家賃という勘定科目について

未収家賃という勘定科目について

未収家賃という勘定科目について

未収家賃について

家賃としての収益は発生しているものの、その代金が未収の場合、未収家賃勘定として処理します。

未収家賃は資産の科目

未収家賃は資産の科目です。

未収家賃は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

なお、貸借対照表を作成する際には、未収収益と記述するケースもあります。

この勘定科目については未収収益についてで詳しく説明していますので、そちらも合わせてご参照ください。

未収家賃勘定を用いた仕訳の例
  • 3月31日、決算日。支払家賃¥100,000の代金が未収であるが、代金は翌期に受け取る予定となっているため、未収家賃として処理する。
借方科目金額貸方科目金額
未収家賃100,000受取家賃100,000