前払費用という勘定科目について

前払費用という勘定科目について

前払費用という勘定科目について

前払費用について

前払費用という勘定科目は、日商簿記3級の出題範囲の勘定科目です。

他の会社や他人から、何かしらの役務の提供を受ける約束をしており、その文の代金も支払っているのですが、この役務の提供が翌期の約束となっているケースのことを。費用の前払いといいます。 この場合は代金を既に支払いっているので費用が発生する仕分けを行っていますが、この費用は翌期に計上する必要があるため、そのための処理が必要となります。 そこで用いるのが前払費用という資産勘定となります。

前払費用は資産の科目

前払費用は資産の科目です。

前払費用は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

前払費用で処理されるもの

前払費用は、実際の費用の内容によって用いられる勘定科目が異なる場合があります。 例えば以下のような勘定科目を用います。

前払家賃

期中で翌期分の家賃まで支払っていた場合には、決算時に当核費用を減額するとともに前払家賃勘定へ振り替える必要があります。

前払地代

翌期分の地代を前払いしている場合、前払地代勘定で決算日に処理します。

前払手数料

翌期分の手数料を前払いしている場合、前払手数料勘定で決算日に処理します。

前払費用勘定を用いた仕訳の例

前払家賃勘定を用いた仕訳の例

期中で翌期分の家賃まで支払っていた場合には、決算時に当核費用を減額するとともに前払家賃勘定へ振り替える必要があります。

  • 例として、決算日に支払家賃について前払い分を計上するパターンを下記に示します(前払家賃として前払分¥300,000を計上します。)
  • また、4月1日(期首)には再振替仕訳を行います。
借方科目金額貸方科目金額
3月31日前払家賃300,000支払家賃300,000
4月1日支払家賃300,000前払家賃300,000

前払地代勘定を用いた仕訳の例

  • 3月31日決算日、翌期分の地代¥80,000の仕訳を行う。
  • 4月1日(期首)には再振替仕訳を行う
借方科目金額貸方科目金額
3月31日前払地代80,000支払地代80,000
4月1日支払地代80,000前払地代80,000

前払手数料勘定を用いた仕訳の例

  • 3月31日決算日、翌期分の手数料¥80,000の仕訳を行う。
  • 4月1日(期首)には再振替仕訳を行う
借方科目金額貸方科目金額
3月31日前払手数料80,000支払手数料80,000
4月1日支払手数料80,000前払手数料80,000