会議を行った際の費用である会議費について

会議を行った際の費用である会議費について

会議を行った際の費用である会議費について

こんにちは、日々FIREを目指して駆け回っている新米社長です。

会議費とは?

書類

会社の経営に関して行なわれる社内外での会議や打ち合わせの際に必要となる費用のことを、会議費と呼びます。

例えば、

  • 会議を開催するレンタル会議室の費用
  • 資料を作成するためにかかった代金
  • 飲食費(軽食。後述しますが、昼食を超えない程度にするなど制約があります)

などが会議費に含まれます。

特に食事を提供する場合は、上にも書いたように昼食を超えるような量は会議費として扱うのは厳しいかもしれません。
(もちろんケースバイケースにもよるかもしれませんが、ここは担当の税理士の方にも確認してみると良いでしょう)

また、会議で提供される食事代というのは、接待交際費と何が違うのか?という疑問も湧くかもしれません。
実際にはこれらを分けるのは大変なので、会議や商談などを目的とした場で、やむを得ず食事を挟むことになった場合は会議費として考えるぐらいの判断にするのが良いかと思います。

なお会議費としてつけられる金額になりますが、会議のための費用には上限はありません。
ただし会議の中で食事を行う場合などは、常識的に考えて昼食代を超えるような金額を計上することは難しく、このような場合は接待交差費として処理することが多いようです。

この朝食代の具体的な金額の目安については下記の項目でも実際の数値を交えて記載しているので参考にしてみてください。

会議費と接待交際費の違い

疑問

上にも少し書きましたが、会議費との区分けが曖昧になりがちなのが接待交際費です。

この接待交際費との飲食費のために要する費用についてですが、支出した金額を飲食等の参加者の数で割って金額が5,000円以下である場合には接待交際費からは除かれ、会議費などの勘定科目で処理されることが多いようです。
原則として接待交際費は、取引先と接待を目的とした食事を行った場合は接待交際費となります。

そのため取引先と食事をする場面などは意識しておくほうが良いでしょう。

会議費としてつける上で気をつけること

コーヒー

これは個人事業主や私のようなマイクロ法人をやっている方に当てはまる事例となりますが、必要な会議とプライベートでの飲食の区別はしっかりと分けておく必要があります。

事業上、必要な会議室代やそれに伴う費用、会議を伴う飲食費のみが会議費として扱われます。

ですが、プライベートと事業の区別がつかない支払いは会議費として計上することは難しいでしょう。

ここについて判断が難しい場合は担当の税理士さんに確認をとってください。

そのため、これは確実に会議費としてつけられるかどうかというのは事前に意識しておくと良いでしょう。

会議費は費用となる

費用

さて、ここまで説明してきた会議費についてですが、会議費は費用となります。

費用に関する仕訳についてはこちらで説明していますので、ぜひご覧ください。