仮払消費税という勘定科目について

仮払消費税という勘定科目について

仮払消費税という勘定科目について

仮払消費税について

仮払消費税(かりばらいしょうひぜい)とは、企業が消費税について税抜方式を採用している場合に、仕入を行った際に支払った消費税額を計上するために利用される勘定科目です。

ちょっとこれだけだと分かりにくいかもしれませんので、少し砕いて形で書いてみます。

企業が私達の税金を払ってくれている?

お金

消費税とは、商品を購入したりサービスを受けたことに対する消費という行為に対して課される税金のことを指します。

そしてこの税金は消費者が負担します。

そのため、商品を売ったりサービスを提供している会社は消費者が支払った税金を一時的に預かり、国に収める必要があります。

また同じように、会社が商品を仕入れる際にも仕入先に消費税を支払います。

これを仮払消費税といいます。

この仮払消費税は、後々消費者が支払うことになる消費税を仕入れの段階で先に支払っておく、という形となります。

そして商品を販売時には仕入れ字とは逆に、消費者が支払う分の税金をこちらが一時的に預かる形となります。

この預かった金額を仮受消費税勘定として処理していきます。

そしてこれら仮払消費税と仮受消費税の金額を相殺して、最終的に支払うべき税金の金額が算出されます。

なお、この納税すべき金額のことを未払消費税勘定を用いて処理していきます。

これは支払うべき消費税の金額であるため、負債という勘定科目として処理されます。

これらの消費税についての話はこちら(企業(事業者)における消費税について)も併せて参照ください。

仮払消費税は資産の科目

仮払消費税は資産の科目です。

仮払消費税は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

仮払消費税勘定を用いた仕訳の例

  • 商品¥50,000を仕入、消費税額¥5,000とともに現金で支払った。
借方科目金額貸方科目金額
仕入
仮払消費税
50,000
5,000
現金
 
55,000