サラリーマンがFIREを目指すなら簿記学習は有効?

サラリーマンがFIREを目指すなら簿記学習は有効?

サラリーマンがFIREを目指すなら簿記学習は有効?

新米社長は簿記の知識が皆無でした

このサイトは会社を設立するにも関わらず会計に関する知識が皆無の新米社長が、簿記の通信講座であるクレアールを利用しながら学んだことをまとめていっているサイトです。

私は実際に事業を起こそうとするまでは簿記や会計の知識は皆無でした。なんなら、そのような数字が行き交う世界に触れたくないと思っていたぐらいでした。

ですが、流石にそんな状態で会社を起こすのはヤバいのではと思い、私は慌てて通信講座であるクレアールに資料を請求しました
(ちなみに会社の会計については税理士さんに依頼をしています。ですが、当然ながら簿記の知識はあったほうが良いです)

【無料】クレアール簿記講座の資料請求はこちらから

さて、いざ簿記を学んでみると、事業ではどのようにお金が動いていくのか?についての知識を身につけることができました。

私は様々な事業の中身を知っているわけではないので、簿記を通じて様々なお金の流れを知ることが出来ました。

これは簿記を学んで良かった思えたことの一つです。

サラリーマンが簿記を学ぶ意義と、FIRE達成にどう役立つか?

お金

サラリーマンとして働いている方で、直接会計周りに触れないのであれば、簿記は特に必要のない知識です。

実際、私もサラリーマン時代は簿記のことなんて考えたことは一度もありませんでした。

ですが、先程も書いたように簿記を通じて自分の知らないお金の流れを知ることが出来ました。

現在FIREというムーブメントが流行っていますが、このFIREを達成するにはお金に関する知識が必要不可欠です。

お金に対する付き合い方が下手な人、そしてお金に対する教養がない方は間違いなくFIRE達成は無理です。

お金とより良い付き合い方を目指すなら、簿記の知識は重要

簿記を学ぶことで、私は資産や負債などの考え方を身につけることが出来ました。

これが今後FIREを目指す人にとってはとても重要なものだと思いますし、これらの知識は先ほど話したお金の教養以上に重要なものです。

例えば、あなたが所有しているもののうち、資産はどれぐらいありますか?

また負債はどれぐらいあるのでしょうか?

あなたが購入した車や家はそもそも資産でしょうか?負債なのでしょうか?

簿記を学んでいく過程で資産負債というものの本当の意味を知ることが出来ます。

これは今後FIREを目指していく過程では必須の知識だと思います。

なぜならたくさんの負債を抱えたままでは、そもそもFIRE達成は困難だからです。

もし、これらの話を読んで、少しでも簿記というものに興味を持ったのなら、下記の記事を試しに眺めてみてください。

簿記に関する基礎知識を見やすくまとめたものとなります。

日商簿記3級に関する学習内容のまとめ(基礎編)

これらの文章を読んで簿記に対して少しでも興味が湧いたのなら、そしてお金の流れについて少しでも楽しめそうだと思ったのなら、ぜひ簿記自体を学んでみることをおすすめします。

簿記3級を学ぶのであれば学習時間もそこまで必要にはなりませんし、そもそも簿記検定の合格を目指さずに知識として学ぶだけでも簿記は十分面白いものです

私自身、実際に簿記を学び始めて、よりお金というものに対する興味を深めることが出来ました。

私自身もFIREを目指しているため、最近は資産運用周りも勉強中です。

【NISAとは?】初めての人にも分かりやすく、NISAとつみたてNISAについて解説

というわけで、サラリーマンがお金に関する知識を深めるための手段として、簿記は十分に有効だという話でした。

FIREを目指すなら、なおさら大切な知識です。

ぜひ、興味を持った方は簿記に触れてみてください 🙂