前受家賃という勘定科目について

前受家賃という勘定科目について

前受家賃という勘定科目について

前受家賃について

前受けに関する仕訳は決算整理で行います。

受取家賃に翌期分が含まれている場合、決算日に前受家賃勘定として翌期分は処理します。

ここでは前受家賃について書いていきます。
費用の前受けでは、家賃の他に、利息、給料、地代などが出題されることもあるそうですが、いずれも仕分けに関する考えた方は同じです。

前受家賃は負債の科目

前受家賃は負債の科目です。

前受家賃は減少したら借方に、増加したら貸方に記入します。

なお、貸借対照表を作成する際には、前受収益と記述するケースもあります。

この勘定科目については前受収益についてで詳しく説明していますので、そちらも合わせてご参照ください。

前受家賃勘定を用いた仕訳の例

  • 3月31日、本日決算日。受取家賃のうち、¥100,000が翌期分だったので、こちらの仕訳を行う。
  • 4月1日(期首) 、前受家賃の残高を受取家賃勘定へ再振替する
借方科目金額貸方科目金額
3月31日受取家賃100,000前受家賃100,000
4月1日前受家賃100,000受取家賃100,000