【ここが変だよ、法人口座開設】作りたての法人に業務実態を求められること

【ここが変だよ、法人口座開設】作りたての法人に業務実態を求められること

【ここが変だよ、法人口座開設】作りたての法人に業務実態を求められること

こんにちは、日々FIREを目指して駆け回っている新米社長です。

今日はちょっとした私の愚痴記事となります。が、きっと起業したての社長さんで同じように考えている方も多いのでは?と思っていることを記事にします。

できたてほやほやの会社にとって法人口座開設は大きな壁

書類

会社をつくりたての私にとって大きな悩みの一つが法人口座開設でした。

個人が口座開設を作るのとはわけが違い、法人口座の解説はかなりきっちりとした審査が入ります。

審査内容としてはその会社の業務実態が分かる資料の提出などが求められます。
しかもこの業務実態、というのが割とちゃんとしていないとだめなのです。

つまりこれからこういうことをやっていく予定です、とかではなく、実際に取引先とのやり取りに関する書類の提出だったりします。

もちろんそういう書類など法人作りたての社長に提出することは不可能ですので、理由を言えば提出しなくてもよいのですが、そうすると審査に落ちます←実体験談

昨今、詐欺などの犯罪に法人口座が使われることも多いなど社会的な背景もそこにはあるようで、言っていることは理解できます。

ですが、そもそも法人として業務を行う上で必要になるから法人口座を作るのであって、その法人審査で業務実態が求められるというのは、法人側(経営者側)としてもとても困る事態です。

当然、法人事業でのお金のやり取りを個人口座で行うわけにはいきません。
(できないことはないようですが、基本的に会計上の手間や取引先への不信感にも繋がりますので、おすすめできるものではありません。またこのような運用を行う際は必ず担当の税理士さんなどに相談しましょう)

というわけで会社を作った人がまずぶち当たる壁の一つとして1つ目の法人口座開設というのはあるあるかなと思います。

1つ目の法人口座はどうやって作ればよいか?

ちなみに私はこの壁をPayPay銀行のおかげで乗り越えることができました。

PayPay銀行は比較的審査もゆるく、また、これからこういう事業をやっていこうと思っている、というスタイルの申請方法でもちゃんとOKとしてくれました。

PayPay銀行の審査に通った際のことについては下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

PayPay銀行で口座審査に通る方法
【法人口座の審査が通らない社長必見】PayPay銀行で口座審査に通る方法

ちなみにゆうちょ銀行も審査がゆるい、ということで有名だったようですが、昨今はゆうちょ銀行もかなり審査が厳しくなっているようです。元に私は審査に落ちています…。

というわけで、現段階で新米社長の方々におすすめできる1つ目の法人口座はPayPay銀行がおすすめかなと思っています。

まずはこちらで法人口座を作りビジネスを行い、事業が成長してきたタイミングで2つ目の口座をどこかで作るという流れが良いのではないでしょうか?