名刺代は費用で落とせる?名刺に使える勘定科目について

名刺代は費用で落とせる?名刺に使える勘定科目について

名刺代は費用で落とせる?名刺に使える勘定科目について

こんにちは、日々FIREを目指して突っ走っています、新米社長です。

今日は名刺と勘定科目のお話。

名刺代の勘定科目は?

事業を行う上で名刺は必需品の一つです。

この名刺に関する制作費用・印刷代金を会社が支払った時は 消耗品費 勘定、または 事務用消耗品費 勘定を使って処理を行います。

消耗品費と事務用消耗品費の違いは?

そもそもこの消耗品費と事務用消耗品費の違いですが、ここは税理士の方々の間でも解釈が分かれているようで、結構紛らわしい部分のようです。

これは簿記の学習というよりは、経営者としての意見になりますが、事務用消耗品費という勘定科目は使用せずに消耗品費で統一してしまう形でも良さそうです。

というか、あれこれ悩む時間がもったいないので、統一してしまう形で考えています。

下記のブログでの解釈が個人的には一番しっくり来ましたので、参考に貼らせていただきます。

「消耗品費」と「事務用品費」を分けますか?勘定科目はシンプルに分かりやすく

簿記の学習をする上で名刺代はあまり気にしなくて良さそう?

簿記の学習をする上では名刺というものに特化した問題というのはないので、消耗品費勘定を用いて処理を行う形で良さそうです。