法定福利費という勘定科目について

法定福利費という勘定科目について

法定福利費という勘定科目について

法定福利費について

社会保険料については、従業員からの預り金と同額を会社も負担するようになっています。
この会社負担分については 法定福利費(ほうていふくりひ)勘定を用いて処理します。

この法定福利費についてですが、具体的な内容としては以下のような項目の会社負担分が該当します。

  • 健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料などの社会保険料
  • 雇用保険料、労災保険料などの労働保険料

法定福利費は費用の項目

法定福利費は費用の項目となります。

増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

法定福利費を用いた仕訳の例

実際の仕訳の例についてですが、こちらのページに記載しているので併せて参照ください。
(役員・従業員の給与を支払う際の仕訳例で、記載しています)