手形貸付金という勘定科目について

手形貸付金という勘定科目について

手形貸付金という勘定科目について

手形貸付金について

金銭の貸借の際に金銭消費貸借契約書の代わりに手形を授受する場合があります。

この場合は貸付金勘定や借入金勘定ではなく、手形貸付金勘定と手形借入金勘定で処理します。

手形貸付金は資産の科目

手形貸付金は資産の科目です。

手形貸付金は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

手形貸付金勘定を用いた仕訳の例

  • 〇〇株式会社に利息¥50,000を差し引いた現金¥995,000を貸し付けた。その際、〇〇株式会社から、約束手形(額面全額¥1,000,000)を受け取った
  • 後日、〇〇株式会社から小切手¥1,000,000を受け取り、約束手形を渡した。
借方科目金額貸方科目金額
手形貸付金
 
1,000,000
 
現金
受取利息
950,000
50,000
現金1,000,000手形貸付金1,000,000