証ひょう(証憑)について

証ひょう(証憑)について

証ひょう(証憑)について

証ひょう(しょうひょう)とは

証ひょうとは一般的に請求書や領収書、納品書など、取引を裏付ける書類のことをいいます。

また、証ひょうは取引先の会社との間でやり取りするだけでなく、従業員や取引銀行などとの間におけるやり取りにおいても用いられます。

なお証憑と漢字で書く場合もありますが、証ひょうという表記で書かれることが多いです。

証ひょうとして用いられる書類の例

簿記の世界では会社内外でなされた取引に基づいて作成される下記のような書類のことを指しますので覚えておきましょう。

  • 領収書
  • 請求書
  • 納品書
  • 売上集計表
  • 旅費交通費等報告書
  • 振込依頼書
  • 当座勘定照合表
  • 入出金明細
  • 小切手
  • 約束手形

これらは原始的記録と呼ばれ、会計記録の正確性などを証明するものとなります。

例えば、

  • 領収書であれば代金を受け取ったことを証明する書類であり、
  • 請求書であれば代金の支払いを求めるときの書類となり、
  • 納品書であれば商品を売って納品したときの書類となります。

それぞれの書類がどのようなことに用いられているかを確認することにより、より具体的な処理のイメージが浮かぶので、学習の合間に頭に入れておくことで日商簿記3級の学習効率をあげていくことも可能です。